Forexpros提供 - 外国為替や 株式市場 をリードするポータル.

ドル・円は109円前後で推移か、新規材料難で様子見姿勢強まる

 21日のドル・円相場は、東京市場では109円42銭から108円92銭まで下落。欧米市場でドル・円は一時108円64銭まで売られたが、108円97銭で取引を終えた。
 本日22日のドル・円は、週末に開催される金融シンポジウムを控え様子見姿勢が強まる中109円前後で推移か。北朝鮮情勢をめぐる地政学的リスクなどを背景に上値はやや重い展開。ドル・円は新規材料難で様子見ムードが広がる中、109円前後でこう着状態が続くとみられる。
 米韓両軍による定例の合同演習が21日から開始され、北朝鮮の動向に注目が集まっている。市場では地政学的リスクの高まりから、比較的安全資産とされる円買いの動きが根強い。一方で、米上院共和党のマコネル院内総務とムニューシン財務長官が9月中に債務上限引き上げるとの見方を示したことが好感され、ドルの下支え材料となっているもよう。
 8月24日から26日まで開催される経済シンポジウム(ワイオミング州ジャクソンホール)を控え、市場の模様眺めムードが強い。今回のシンポジウムでは米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長が25日に講演する。また、3年ぶりに欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁も出席する見通し。市場では金融政策に関するメッセージが発信されるかどうか注目が集まっている。

今日の株式見通し=ドル円は一時108円台、円高を嫌気して軟調

 東京市場は軟調か。欧州株は朝鮮情勢を警戒して下落。米国株はジャクソンホール会合を前に様子見姿勢が強く、ダウ平均とS&P500が小幅に上昇した一方、ナスダック総合は下落した。ドル円は地政学リスクや米政局の不透明感を嫌気して一時108円台半ばまでドル安・円高が進む場面があった。足元では109円00銭近辺で推移している。CME225先物は大証日中終値と比べて40円安の19320円、ドル建てが30円安の19330円で取引を終えた。
 円高進行を嫌気して売り優勢の展開が想定される。きょうは国内外ともに材料に乏しく、また24日からのジャクソンホール会合までは動きづらい地合いでもあることから、商いも盛り上がりづらく、閑散相場の様相が強まると考える。108円台をつけた後に戻しているドル円が、109円台より上での推移が続くようであれば、徐々に押し目買いも入り出すであろう。しかし、腰の入った買いは期待しづらく、上値の重い展開が続くと予想する。日経平均の予想レンジは19280円-19390円。

東京為替見通し=ドル円、トランプ米政権の内憂外患で伸び悩みか

 NY為替市場のドル円は、米韓合同軍事演習が始まったことを受けた米朝関係の緊迫化への警戒感や、米政局の行方に関する不透明感を意識して、108.64円まで下落した。ユーロドルは、独連銀が経済動向に対して明るい見通しを示したことで1.1828ドルまで上昇、ユーロ円は128.79円までじり高に推移した。ポンドドルも1.2916ドルと底堅く、ポンド円は140円前半で推移した。
 本日の東京市場のドル円は、米韓合同軍事演習(〜31日)やジャクソンホール会議(24-26日)への警戒感から伸び悩む展開を予想する。
 トランプ米政権は、内憂としての政権内部の混迷、議会との関係悪化による債務上限問題や予算案、ヘルスケア法案、減税法案の審議停滞懸念、米大手企業最高経営責任者の離反などによる経済政策遂行能力への懐疑的な見方、ロシアゲート疑惑などに悩まされている。外患としては、朝鮮半島での米韓合同軍事演習に対する北朝鮮によるミサイル発射への警戒感、中国との貿易戦争勃発の可能性、中東でのイランとの関係悪化などに悩まされている。
 25日のジャクソンホール会議でのイエレンFRB議長の講演では、バランスシートの正常化プログラムの9月米連邦公開市場委員会(FOMC)での開始が表明された場合は、ドル買い・円売り要因だが、7月のFOMCではディスインフレへの警戒感が示されたことで、10月FOMC以降に先延ばしされた場合は、ドル売り・円買い要因となる。ドラギECB総裁の講演では、資産購入プログラム終了が表明されず、ユーロ高へのけん制が表明された場合は、ユーロ売り・円買い要因となる。
 テクニカル分析では、2016年の上昇幅(99.02円-118.66円)の半値押し108.84円の攻防が続いており、4月のように108.13円付近で下げ止まるのか、それとも、下抜けるのか、要警戒の分水嶺に差し掛かっている。
 ドル売りオーダーは、現時点では109.40-60円、ドル買いオーダーは、108.50-60円、108.40円、108.20円、108.00円に観測されている。108.50円と109.50円にはNYカットのオプションが控えている。
 ユーロドルは、 7 月の欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨でユーロが過度に上昇する可能性を懸念していたこと、25日のジャクソンホール会議でドラギECB総裁が資産購入プログラムの終了に言及せず、ユーロ高をけん制するのではないかとの憶測などから伸び悩む展開を予想する。

大証ナイト終値19340円、通常取引終値比20円安

大証ナイト終値19340円、通常取引終値比20円安

ドル円は109円回復して推移

現在の推移(レンジ)   
ドル円    109.00円  (109.42 /  108.64) 
ユーロドル 1.1810ドル (1.1828 /  1.1731) 
ユーロ円  128.73円   (128.76 /  127.84) 
※レートは気配値などを含む場合があり、実際の取引レートと異なることがあります。 

【ディーラー発】ドル売り一服(NY午後)

ムニューシン米財務長官の『税制改革において、超党派の支持を得たい』等の発言を支えに、ドル売りの流れは一服。ドル円は109円ちょうど付近まで反発したものの、同水準での戻り売り圧力も強く108円後半で揉み合い基調。また、クロス円も全般方向感に乏しくユーロ円が128円半ばで、ポンド円が140円前半で小幅な値動き。一方、ユーロドルは1.1827付近まで続伸後、1.1807付近まで失速、ポンドドルは1.2893付近まで水準を切り下げている。5時10分現在、ドル円108.876-886、ユーロ円128.576-596、ユーロドル1.18095-103で推移している。

NY外為:リスク回避が一段と後退、米国株式相場が上昇へ

 NY外為市場ではリスク回避の動きが一段と後退した。引けにかけて、米国株式相場が一段と上昇した。ドル・円は108円64銭から108円90銭へじり高に推移。ユーロ・円も128円60銭で高止まり。
朝方下落して推移していたダウ平均株価は米国東部時間午後3時50分現在32ドル高で推移した。

NY終盤 ドル円は108.91円前後

現在の推移(レンジ)   
ドル円    108.91円  (109.42 /  108.64) 
ユーロドル 1.1809ドル (1.1828 /  1.1731) 
ユーロ円  128.61円   (128.74 /  127.84) 
※レートは気配値などを含む場合があり、実際の取引レートと異なることがあります。 

8月21日のNY為替・原油概況

 21日のニューヨーク外為市場でドル・円は、109円04銭から108円64銭まで下落し、108円85銭で引けた。
米国の7月シカゴ連銀全米活動指数が予想外のマイナスに落ち込んだため米債利回り低下に伴うドル売りが優勢となった。その後、ムニューシン米財務長官が現職に留まる意向を再確認したほか税制改革実施を公約。また、マッコーネル共和党上院院内総務が米国の債務上限引き上げで自信を表明したため政府機関閉鎖の懸念が後退したためドル売りも一段落した。
ユーロ・ドルは、1.1759ドルから1.1828ドルまで上昇し1.1810ドルで引けた。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁がジャクソンホールの講演で、2018年の量的緩和(QE)終了に向けた計画を明らかにするとの思惑が根強くユーロ買いに繋がった。
ユーロ・円は、128円13銭から128円74銭まで上昇した。
ポンド・ドルは、1.2878ドルから1.2916ドルまで上昇した。
ドル・スイスは、0.9663フランから0.9601フランへ下落した。
 21日のNY原油は反落。米国の石油生産が増加するとの懸念が再燃した。
[経済指標]
・米・7月シカゴ連銀全米活動指数:-0.01(予想:0.10、6月:0.16←0.13)

NY外為:ドル売り一服、米政府の債務上限引き上げに自信広がる

 NY外為市場ではドル売りが一段落した。ムニューシン米財務長官がイベントで、債務上限引き上げで議会と協力していくことを目指す姿勢を示し、9月末までの引き上げを目標としていると指摘。また、マッコーネル共和党上院院内総務も米国が債務上限に引き上げで「失敗する確率はゼロ」と自信を示したことも、投資家心理を改善させた。
ドル・円は108円70銭前後で下げ止まり。ユーロ・ドルも1.1820ドル前後で伸び悩んだ。